スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミン類 その2

ビタミンB12
 ビタミンB12はたんぱく質の代謝や、血液中の赤血球が作られる過程にかかわっており、
不足すると貧血を招きます。

 ビタミンB12はビタミンB1やナイアシンなどとともに神経の働きにもかかわっています。

 ビタミンB12は動物性食品には広く含まれていますが、植物性食品にはほとんど含まれません。菜食主義者や、ダイエットのために野菜だけを食べているような人は、ビタミンB12不足の危険性が高まります。


ビタミンC
 ビタミンCの主な供給源は、野菜と果物です。
ビタミンCはほとんどの野菜に含まれていて、日本人は摂取量の3分の2を野菜から摂っていると言われてます。

 ビタミンCは熱と水に弱いため、調理による損失を考慮する必要があります。ゆでる、煮るよりも、炒め物のほうが損失が少なくてすみますが、加熱するたびにビタミンCが失われますから、温め直しは避けましょう。

 ビタミンCのはたらきには、肌の張りを保ち、しみや小ジワを防ぐ、ウィルスや細菌に対する抵抗力を高め、カゼや感染症を予防する、ストレスを和らげる、血中コレステロールを下げる、発ガン物質の生成を抑える、鉄の吸収を助けるなどがあります。

 この他にもビタミンCには、日焼けや皮膚の色素沈着を防ぐ、鉄の吸収を助ける、免疫のしくみを正常に保つなど、幅広い働きがあります。さらに、ストレスを多く受ける人、タバコをよく吸う人は、ビタミンCの必要量が増すことがわかっています


ビタミンD
 ビタミンDは、紫外線を浴びることにより体内で合成されます。
余り日光に当たらない人や、冬場の日照量が少ない地域の人、スモッグの多い都会人などは、食物から摂取する必要があります。

 ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進し、血中のリンを骨に沈着させる働きを持っていますので、
不足すると血液中のカルシウムとリンの均衡が崩れて、骨の中のカルシウムが溶け、骨がもろくなり、くる病や骨そしょう症をもたらします。また、妊婦や成長盛りの子供、更年期以降の女性には欠かせないビタミンです。

 ビタミンDが不足すると、体がだるく疲れやすくなる、肩こりや腰痛が起こりやすくなる、うつ的な状態が続く、歯や骨が弱くなるなどの兆候が表れます。ビタミンD欠乏症のくる病は、小児に多発します。
重症のくる病では、骨だけでなく、筋肉組織、結合組織、じん帯系まで侵されます。


ビタミンE
 ビタミンEは妊娠、出産と関係の深いビタミンとして発見されました。
ビタミンEには末梢血管を拡張し、血液循環をよくする働きもあります。

 効能としては、悪玉コレステロールの酸化を抑制し血小板の粘着を防ぐ。女性ホルモンの代謝を助け更年期障害の症状を緩和する。毛細血管を拡張させ、血液の流れをよくすると共に、新陳代謝も活発するなどの働きがあります。
 
スポンサーサイト

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はみゅ

Author:はみゅ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。